長野県千曲市、蔵のまち 稲荷山から発信します。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンポジウム

エンディングノートの書き方講座開催しました

更新が遅くなりましたが、4月20日(日)、「エンディングノートの書き方」講座が無事終了いたしました。

久々に、ギャラリーの座敷と茶の間スペースをつなげて広くした会場ができました。

エンディングノートとは、「自分の万一に備えて家族やまわりの人に伝えたいことをあらかじめ記入しておくノート」。
その内容は、自分のプロフィール、家族へのメッセージから、具体的に相続やお墓やお葬式をどうするか、尊厳死のお話など、普段はなかなか考えないけれど、誰もが必ず迎えることに関するひとつひとつ貴重なお話でした。
ぜひ若い方々にも聞いていただきたい内容だったと思います。

ending講座


参加して頂いた皆様、久保やす子先生本当にありがとうございました!



スポンサーサイト

シンポジウム

コーチング講座

本日、コーチング講座「コミュニケーションワークショップ」、無事終了しました。

人の話を「聴く」ことで、さまざまな気付きを引き出すコーチングは普段も実践したい内容でした。
対話する両者の間にあるものは、信頼関係である、というのもなるほどでした。

また、個人的には最後のパズル遊びがとても興味深く感じました。

日新堂での講座、まだまだ不慣れな部分がありますが、
参加いただいた皆さま、木内先生、本当にありがとうございました!

こーちんぐ1

シンポジウム

研究集会のお知らせ RAC

街・建築・文化再生集団の「RAC」の方々の研究集会が28日(土)29日(日)
に開かれます。

今年は稲荷山を中心とした千曲市の街並みをまわられます。
興味ある方はぜひご参加ください。
28日の2次会は日新堂ギャラリーで開催予定です。
それぞれ見学会、シンポジウム、情報交換会のみの参加もお待ちしております。

2013研究集会チラシブログ用


1. 日程 平成25 年 9 月28 日(土)29(日)
研究集会:千曲市市稲荷山 稲荷山公民館
見学会:姨捨棚田(田毎の月)、長楽寺、桑原地区、武水別神社、社家松田家、稲荷山地区

2. スケジュール
9 月29 日(土)
07:30 前橋駅南口
08:00 前橋工科大学出発
08:30 高崎駅東口ロータリー・バス駐車場
10:30 武水別神社駐車場 バス・乗用車に乗り合わせて姨捨駅へ
当日、姨捨の棚田では稲刈りを行っています。駐車場の確保が難しいので、バ
スと参加の方の自家用車乗り合わせで姨捨地区に行きたいと思います。
10:45~11:40 姨捨駅~長楽寺見学(ご案内:千曲市文化財センター所長 矢島 宏雄さん)
11:40~12:40 昼食(長楽寺)
13:00~13:30 長野銘醸(株)見学 住所: 〒387-0023 長野県千曲市大字八幡中原275
電話: 0120-671-670
国登録有形文化財登録を目指して調査中です
13:30~14:00 桑原地区(間の宿)見学
14:15~14:45 武水別神社参拝(ご案内:矢島 宏雄さん)
14:45~15:15 社家松田家見学
15:30~17:00 稲荷山地区内見学(ご案内:稲荷山まち並委員会 高村 隆徳さん)
17:30~20:00 シンポジウム Ⅰ 会場:千曲市稲荷山温泉 ホテル杏泉閣
報告: 1.シルクロードネットワークに向けてー稲荷山から
米山 淳一さん((公益社団法人)横浜歴史資産調査会常務理事))

2.これまでの稲荷山:高村 隆徳
夕食と情報交換会・夜なべシンポジウム(事例報告をネタに)
20:30~ 解散:二次会(稲荷山 日新堂ギャラリー)

9 月29 日(日)
研究集会「稲荷山のこれまでとこれからに学ぶ地域づくり」
研究集会会場:千曲市稲荷山 稲荷山公民館講堂
09:30 受付
10:00~10:15 開会挨拶 星 和彦(RAC 理事長・前橋工科大学教授)
10:15~12:15 シンポジウム Ⅱ・地域間交流会
パネラー(予定)
地域住民の方
土本 俊和さん(信州大学工学部教授)
藤川 昌樹さん(筑波大学教授)
矢島 宏雄さん
米山 淳一さん
高村 隆徳
星 和彦
コーディネーター
後藤 治(RAC 理事・工学院大学教授)
12:15~13:15 昼食
13:20~14:30 午後の部:地域との交換会(参加者による質疑応答・意見交換)
14:30~14:50 総括 宮澤 智士(RAC 代表顧問・長岡造形大学名誉教授)
14:50~15:00 閉会の挨拶
RAC2013 研究集会案内

3. 参加費(見学会・宿泊等):別添参加申込書でお申し込み下さい。
・28日29日バス参加:23,000円(バス(群馬からの参加)代・見学会・情報交換会参加費・宿泊代・昼食代・資料代・シンポジウム参加費・保険代)
・28日見学会参加: 3,000円(見学会参加費・バス(姨捨からの参加)代・資料代・保険代)
自家用車でご参加の方は、バス代は不要ですが、見学会参加費1,000円を頂きます。
・29日シンポジウム参加: 1,000円(資料代・保険代)
なお地域住民及び関係者の方は見学会・シンポジウム共、参加無料です。
・28、29日両日参加の方は、見学会・シンポジウム参加費合計で1,000円です。
・28日、29日昼食: 各 1,000円(お茶付き)
・宿泊(朝食付き): 6,000円
宿泊所:稲荷山温泉 ホテル 杏泉閣 住所:〒387-0021 長野県千曲市稲荷山571-1
電話:026-272-1154
・情報交換会: 4,000円(夕食代を含む)
・二次会:2,000 円(二次会々場で徴収)

問い合わせ先
NPO法人 街・建築文化再生集団 (略称RAC )
〒371 -0035 前橋市岩神町二丁目7-5 RAC前橋事務所
TEL 027-210-2066
FAX 027-235-0643
当日携帯 090-2520-1852(担当:中村)
 

シンポジウム

講演会「地域が活かす伝統的住まい」

 第4回町並み講演会のお知らせをいたします。 

 世界遺産、島根県石見銀山の中核に位置する大森地区は、武家屋敷や商家の町並みが残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。一般公開している文化財住宅「熊谷家」では、建物や生活道具を活用し、地域の人が関わって、立ち上げから運営までをされています。
 
その活動を指導されている小泉和子氏をお迎えして、熊谷家での事例をお聞きし、地域が活かす伝統的な住まいについて考えたいと思います。

二月二十六日(日)
 
午後1時半~3時半
(開場 午後1時)

於・稲荷山宿 蔵し館
(026‐272‐2726)

入場無料

定員 約40名
(予約者優先・高村まで)
(090-9666-0852)

小泉和子氏略歴
 昭和のくらし博物館館長。工学博士。生活史研究所主宰。家具・道具および建築を中心として生活史を研究。
重要文化財建造物の家具・インテリアの復元および博物館・資料館
の展示企画などを行う。『昭和のくらし博物館』(河出書房新社)、『昭和台所なつかし図鑑』(平凡社)、『道具が語る生活史』(朝日選書)など著書多数。


隨ャ・泌屓縺。繧峨@_convert_20120220210630

シンポジウム

伝統的町並み講演会

千曲市教育委員会では、平成23年度から24年度にかけて、伝統的な町並みの保護、保存活動を検討するため、稲荷山で調査を実施されています。そこで、これまでの調査結果や、伝統的建造物群保存地区について説明をする講演会が開かれます。


とき:2月11日(土)
   午後1時30分~4時

ところ:千曲市稲荷山公民館

入場無料

講演内容
テーマ1 全国の伝統的建造物群保存地区
     講師:地域遺産プロデューサー 米山淳一氏

テーマ2 稲荷山地区における伝統的建造物群
     講師:信州大学工学部建築学科教授 土本俊和氏

テーマ3 伝統的建造物群保存地区制度
     講師:工学院大学建築都市デザイン学科教授 後藤治氏



IMG_convert_20120126154944.jpg
プロフィール

inariyaman

Author:inariyaman
北信中心に街並みの魅力を探っています。
2012年12月、稲荷山の町家をお借りし、
「日新堂ギャラリー稲荷山」をオープンしました。
 
千曲市稲荷山827
inariyamachi@yahoo.co.jp

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。