FC2ブログ

長野県千曲市、蔵のまち 稲荷山から発信します。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街並み

蔵の折れ釘

蔵の壁を見ると、所々丸く出っ張ったふくらみがあり、その中心に直角に折れた金物がついているのをよくみかけます。これは「折れ釘」と呼ばれています。

おれくぎ1

おれくぎ2



折れ釘は、壁の塗り替えや修復の時に足場板を掛けたり、はしごを掛けたりするのに利用されるようです。
木の柱などが見えていれば、そこに釘を打ち付けたりできるのですが、全部漆喰で塗り固めてあると、こういう
ものがないと、壁を傷つけて
しまうからなるほど必要ですね。

稲荷山の蔵にも折れ釘はよく見られ、壁に表情を出しています。

おれくぎ3

スポンサーサイト
Comment

折れ釘はじめて知りました!
聞けばなるほどって感じですね☆

ちなみに丸いふくらみの部分はまんじゅうとか言うようです。
そういえば関西の方ではあまり見ないかも??しれませんね。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

inariyaman

Author:inariyaman
北信中心に街並みの魅力を探っています。
2012年12月、稲荷山の町家をお借りし、
「日新堂ギャラリー稲荷山」をオープンしました。
 
千曲市稲荷山827
inariyamachi@yahoo.co.jp

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。